仮想通貨 ビットコイン

仮想通貨を始めるなら手数料が安いZaif取引所が一番オススメ。
GW期間中は殺到する可能性があるため 今すぐ登録することをオススメします。
【GW殺到の可能性アリ】今のうちに口座開設する!

仮想通貨の代名詞になっているビットコインの特長について

仮想通貨の代名詞になっているビットコインの特長について

 

仮想通貨の代名詞ビットコイン

 

仮想通貨の代名詞になっているビットコインですが、簡単に言うとどんな特長があるでしょうか。

 

 

 

初めて仮想通貨を取り引きする人が、おそらく必ず購入するであろうビットコインについて調べてみました。これからの取引を上手に進めていくためにも、これらの情報を参考にして下さい。

 

発行量の上限が決まっている

 

ビットコインの最大の特徴は、発行量の上限が2100万枚と決まっている点です。日本円やユーロなどは発行量が決まっていないので、発行しすぎるとインフレする可能性があります。

 

 

 

実際の通貨というのは中央銀行などが発行量をコントロールしているために、時に発行しすぎて通貨の価値が下がってしまうのです。

 

 

 

しかし、ビットコインの場合はあらかじめプログラムの中に、2100万枚以上は発行しないように規制がされています。そのために原則ビットコインは、インフレしないようになっているので安心です。

 

 

 

誰かが勝手に発行量を増やすことが出来ないので、ビットコインは将来的にも需要が常に存在する通貨ということができます。

 

中央銀行が存在しない

 

だれがビットコインの管理をしているのでしょうか。日本円なら中央銀行ですし、他の国の通貨の場合は国が直接管理をしている場合もあります。

 

 

 

ビットコインの場合はどの国家も組織も管理をしていません。管理はビットコインのプログラムをダウンロードしている各ユーザーのコンピューターを利用して行なわれています。

 

仮想通貨の代名詞になっているビットコインの特長について

 

世界中のユーザーのコンピューターをサーバーとして利用して、ビットコインは維持管理されているのです。

 

 

 

P2Pネットワークを活用して管理がされているために、一カ所がハッカーの攻撃を受けて、通貨全体が全滅するリスクがありません。

 

簡単に海外送金が可能

 

最後のビットコインの特徴として、簡単に海外送金ができる点を挙げられます。ビットコインIDを指定することによって、簡単にビットコインの送金ができます。

 

 

 

基本は無料で送金が出来るために、少額でも高額でも気軽に送金可能です。日本円などの通貨は海外送金をすると、相手の国や銀行、さらには支店と口座番号などを指定して行かなくてはなりません。

 

 

 

ビットコインの場合は、相手のビットコインIDを指定するだけで終わります。相手の国の銀行とのやりとりが無いので、手数料も少ないですし、送金時間も10分程度しか掛かりません。

 

 

 

仮想通貨の代名詞と言えるビットコインには、上限枚数が決まっているという特徴があります。通貨価値が維持されやすい仕組みを持っている通貨なので、安心して投資をすることが出来るでしょう。

 

仮想通貨を始めるなら「取引所」への登録が必須です!


手数料の安さが最大のウリ

安定感抜群の国内取引所。ビットコインFX(信用取引)も利用可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 



ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 



これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)