仮想通貨 暗号通貨

仮想通貨を始めるなら手数料が安いZaif取引所が一番オススメ。
GW期間中は殺到する可能性があるため 今すぐ登録することをオススメします。
【GW殺到の可能性アリ】今のうちに口座開設する!

仮想通貨はなぜ暗号通貨とも呼ばれているの?その特性について

仮想通貨はなぜ暗号通貨とも呼ばれているの?その特性について

 

暗号通貨

 

仮想通貨の事を暗号通貨と呼んでいる人もいますが、どちらの呼び方が正しいのでしょうか。

 

 

 

投資をするなら正式名称を使いたいと思われるかも知れませんが、2つの呼び名があるとどちらを使って良いのか分からなくなるかも知れません。どちらの名称を使うべきなのかについて調べてみました。

 

どうして暗号通貨と呼ばれているの?

 

結論から言うと、仮想通貨と呼んでも暗号通貨と呼んでも間違いではありません。仮想通貨は主に欧米では暗号通貨と呼ばれています。

 

 

 

なぜなら、仮想通貨には高度な暗号技術が採用されているからです。非常に高い暗号が用いられているために、仮想通貨は偽造がされにくい通貨となっています。

 

 

 

あまりに高い暗号技術が使われているために、欧米では驚きを持って暗号通貨と呼ばれるようになりました。高い暗号のプログラムが採用されているために、偽札が作られにくく、安心して取引が出来ます。

 

どんな暗号が使われているのか

 

どのような暗号が使われているかというと、ブロックチェーン技術やマイニング技術と言った暗号です。

 

 

 

暗号通貨は1つの国や組織によって管理されておらず、ブロックチェーン技術によって、世界各地の個人が提供するサーバーによって管理されています。

 

仮想通貨はなぜ暗号通貨とも呼ばれているの?その特性について

 

P2Pネットワークを上手く活用して、仮想通貨は運用されているのです。一カ所で管理されていないためにハッキング被害に遭いにくく、偽の通貨を作りにくくなっています。

 

 

 

高度な暗号プログラムによって、安全な送金が出来るようになっていますし、不正取引がしづらくなっています。仮想通貨がここまで浸透したのは、この暗号技術に寄るところが大きいと言えます。

 

仮想通貨と呼ばれているのはなぜ?

 

日本ではどうして暗号通貨では無く、仮想通貨と呼ばれているのでしょうか。なぜならこの通貨は、インターネット上でのみ存在するバーチャルなお金だからです。

 

 

 

暗号通貨と呼ぶよりも、仮想通貨と呼んだ方が初めての人でもイメージしやすいために、仮想通貨という呼び名が使われるようになりました。

 

 

 

日本に仮想通貨が入ってきたときには、すでに海外でも仮想通貨という呼び名が広まってきていました。

 

 

 

確かに、暗号通貨よりも仮想通貨のほうが、一般の通貨と区別しやすいですし、初心者でもどんな通貨であるかが理解しやすいですよね。

 

 

 

仮想通貨の流通には高い暗号技術が使われているので、暗号通貨とも呼ばれています。ブロックチェーン技術やマイニング技術が採用されており、安全に仮想通貨の取引がしていけます。

 

仮想通貨を始めるなら「取引所」への登録が必須です!


手数料の安さが最大のウリ

安定感抜群の国内取引所。ビットコインFX(信用取引)も利用可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 



ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 



これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)