仮想通貨 税金

仮想通貨を始めるなら手数料が安いZaif取引所が一番オススメ。
GW期間中は殺到する可能性があるため 今すぐ登録することをオススメします。
【GW殺到の可能性アリ】今のうちに口座開設する!

仮想通貨を利用した場合に発生する可能性のある税金について

仮想通貨を利用した場合に発生する可能性のある税金について

 

仮想通貨の税金

 

仮想通貨を利用したときには、税金は発生するのでしょうか。すでに仮想通貨を持っていたり、これから取引を始めようと考えていたりするときにはこの点が気になるでしょう。どんな税金が掛かってくるのか説明しますので参考にして下さい。

 

仮想通貨にはどんな税金が適用されるのか

 

仮想通貨の取引で得た利益には、総合課税という税金が適用されます。総合課税という税金は、1年間の間に得た所得を全て合計して、その金額に合わせて税金額が変わる仕組みです。

 

 

 

仮想通貨の取引によって得られた利益だけでは無く、給与所得や不動産投資などによる利益など全てが合算されます。

 

 

 

すべての所得の金額に合わせて、税率が変わってくるのです。仮想通貨に税金が掛かるタイミングは、日本円に換金したときからです。

 

 

 

もし仮想通貨のままで保有しておくなら、税金は掛かりません。あくまでも日本円やドル、そしてユーロなどの外貨に換金したときに税金が掛かります。

 

確定申告は必要なの?

 

仮想通貨によって得た利益に対して、確定申告することが必要となります。もし仮想通貨を換金して得た利益が、規定以上になるなら確定申告をしなければなりません。

 

 

 

仮想通貨から日本円や外貨に換金しておきながら、確定申告をしなければ税務署にバレてしまう可能性があります。

 

仮想通貨を利用した場合に発生する可能性のある税金について

 

なぜなら、仮想通貨の取引記録は、仮想通貨の管理システム上に全て管理されて公開されているからです。

 

 

 

セキュリティを高めるために、取引記録は誰も消せないですし、誰でも見ることが可能です。記録を遡っていくことも出来るので、税金逃れのための不正もバレてしまいます。

 

どうしたら節税できるのか知りたい

 

仮想通貨で得た利益を節税するには、どうしたら良いのでしょうか。1つの方法は法人を設立して節税する方法があります。

 

 

この方法なら利益が多くなったとしても、経費として計上し、節税対策が出来ます。法人を設立する方法はとても簡単で、法人設立届出書を提出するだけです。

 

 

 

仮想通貨の取引をするときに、法人を設立しておくと、仮想通貨を利用して購入した物などを経費として計上できます。

 

 

 

デビットカードに仮想通貨をチャージする方法は、以前までは節税方法として有効でした。これからは、デビットカードへのチャージも課税対象となるので注意して下さい。

 

 

 

仮想通貨を利用した場合に発生する可能性のある税金は、総合課税です。日本円や外貨へ換金しなければ税金は発生しませんし、法人を設立すると節税ができることを覚えておくと良いでしょう。

 

仮想通貨を始めるなら「取引所」への登録が必須です!


手数料の安さが最大のウリ

安定感抜群の国内取引所。ビットコインFX(信用取引)も利用可能!『Zaifコイン積立』で希望額を毎月積立することができます!

 

 

 



ビットコイン取引量日本一!

初心者から上級者まで使いやすい!大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償を開始!

 

 

 


評判◎初心者におすすめの取引所

世界で注目される豊富なアルトコインが取引できる、国内利用者No1取引所!リップル(Ripple)の取引ならCoincheckです!

 

 

 



これから仮想通貨の取引をはじめるなら、まずはこの国内3社の取引所を押さえておきましょう。


ちなみに、仮想通貨の取引所は「複数開設する」のが定石となっています。(いざという時のリスクヘッジのため)